Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : DRC/MRC設定

Reference (MRC)

「Reference」の設定では、「MRC:Reference」にてReference配置数をチェックする際の対象層を指定することが可能です。

DRC/MRC設定画面の開き方はDRC/MRC設定についてを参照してください。

項目名 内容

チェック対象層

Referenceの配置数をチェックする対象層が指定できます。対象層はプルダウンメニューより選択可能です。「チェック対象層」に配置されている各部品/フットプリントのReference数が0個、もしくは2個以上の場合に「MRC:Reference」にてエラーが検出されます。チェックボックスのON/OFFにより、チェックの有効/無効を切り替えることが可能です。

・Top  :Top層に配置されている部品/フットプリントを対象とし、Referenceの配置数を確認します。
・Bottom :Bottom層に配置されている部品/フットプリントを対象とし、Referenceの配置数を確認します。