Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : 各種便利機能

属性文字の作成(同一属性文字の複数配置)

PCB設計シート上で部品に対して属性項目を指定し、任意の層に属性文字を置換・追加することが可能です。

この機能を使用することで同一属性項目の文字を複製し、同一属性文字を複数配置することができます。
実装図出力時など、設計上のReference(シルク用)とは別の位置にReference(部品マウント用)が必要な場合に層を指定して一括で複製するなどに活用してください。

属性文字の作成前 属性文字の作成後

属性文字の作成

設定項目

対象

属性文字の作成を行う対象の部品を「選択部品」「Top部品」「Bottom部品」「すべての部品」から指定します。

属性

作成する属性項目を指定します。
指定可能な属性項目はPCB設計シート上に配置されている部品に設定されている属性項目となります。

作成層

作成される属性文字が配置される層の「層」「層種類」を指定します。

文字設定を表示する

チェックを入れると文字設定が表示され、作成される属性文字の各種設定を行えます。
・設定可能な項目
「フォント」「線幅」「サイズ W/H」
「ピッチ」「部品角度で配置する」「角度」
※「部品角度で配置する」のチェックを外すと「角度」を指定可能。
「斜体」「反転」

オプション

作成される属性文字に対して様々な設定を行うことができます。

・属性文字の配置位置 部品に対して作成された属性文字がどこに配置されるかを選択します。
部品の「中」「原点」「上」「下」「左」「右」から選択

・作成層に同じ属性文字が既にある場合の動作
「既存の属性文字を削除して作成する(置換)」:同層にある元の属性文字を削除して、新たに属性文字を作成
「既存の属性文字を維持して作成する(追加)」:同層にある元の属性文字はそのままに、新たに属性文字も作成
「属性文字を作成しない」:同層にある元の属性文字はそのままに、新たに属性文字は作成しない

 


 
属性文字の作成
PCBシート上に配置されている部品の属性文字を作成する方法をご紹介します。
(1) 【作図】→【属性文字】を選択
(2) 【属性文字の作成】ダイアログが表示されます。
必要な各項目の設定を確認し【作成】を実行。
各設定項目についてはこちらを参照ください。
(3) 設定された内容にて属性文字が作成されます。

部品内に作成した属性文字(Reference)を削除する場合は、『部品内編集を有効にする』にチェックを入れることで、操作が可能になります。