プリント基板CAD : 自動配線ツール連携

自動配線ツール連携

他社性の自動配線ツールと連携可能なDSNファイル出力とRTEファイル入力を行うことができます。

作業の流れは以下の通りです。

1.QuadceptPCB画面で部品を配置し、デザインファイル(DSN)ファイル出力
2.自動配線ツールでDSNファイルを読み込み
3.自動配線を実行
4.自動配線ツールから、配線データ(RTE)ファイルを出力
5.Quadceptの配置済みPCBファイルでRTEファイルを読み込み

自動配線ツールとの連携方法
自動配線ツールと連携する方法をご紹介します。
(1) 配置後のデータを開いて
【ファイル】
→【出力】
→【DSN】
を選択。
(2) ファイル名を入力し「保存」ボタンをクリック
(3) 「OK」をクリック
  出力したDSNファイルを自動配線ツールに読み込み、自動配線を実行。
  自動配線ツールから自動配線後のRTEファイルを出力。
(4) 【ファイル】
→【入力】
→【RTE】
を選択。
(5) ファイルを選択し「OK」をクリック。
(6) 「OK」をクリック。
  配線が読み込まれます。