プリント基板CAD : 各種便利機能

作業層の優先

各操作モードにて作業している場合、現在作業中の「作業層」「層種類」を最前面に描画します。
最前面に描画されている層が選択なども含め優先されます。
※対象は層指定して作図また編集が行われる全てのモードとなります。

作業層の変更方法はこちら

層表示を切り替えて作業中の層の描画を優先に描画します。描画の優先度についてはこちらをご参照ください。

【作業層】TOP:シルク層 【作業層】TOP:Electric層

描画の優先度について

各作図モード中の描画優先度をご紹介します。

優先度 内容

1

作業層と層種類が一致

2

作業層

3

作業層を除く層が順番通りに表示されます。
例)Top、L1~L8、Bottom構成で、作業層L1とした場合
L1→Top層→L2→L3→…L7→L8→Bottom層という優先度になる。

※但し、「キャンバス設定」で「層描画順を反転」にチェックがある場合は、反転順で表示されます。
例)Top、L1~L8、Bottom構成で、作業層L1とした場合
 L1→Bottom層→L8→L7→…L3→L2→Top層という優先度になる。

4

オブジェクトの種類
1 参照名
2 文字
3 属性文字
4 一点接続
5 ライン
6 円
7 円弧
8 矩形
9 寸法線
10 ラッツ
11 ビア
12 パッド
13 配線
14 フットプリント
15 カットアウト
16 静的ベタ
17 サーマルライン
18 動的ベタ
19 パネル
20 禁止領域
21 部品領域
22 デザインルール領域
23 塗り矩形
24 図

5

配置順
優先度1~4まで同じオブジェクトを配置した時は配置順を優先します。
※先に置いたオブジェクトが優先されます。