Quadcept : 回路図データコンバート

CR5000コンバート

Quadceptでは、CR5000で使用していた回路図データおよび部品データをEDIF200形式を使用して一括でコンバートできるので、流用設計、変更/修正が容易に可能です。設計資産を活用し、CADの乗せ換えが容易に実現できます。

※注1:部品データはライブラリファイルを指すものではなく、回路図上に配置されている部品のデータとなります。
    ライブラリファイルはバイナリーデータとなりますので、そのままコンバートすることは不可となっております。
    回路図上に部品データを配置し、回路図をASCII形式に保存(出力)することでコンバートが可能となります。

対応バージョン

CR5000(System Designer)

※上記以外のバージョンもコンバートできる場合がございます。
また、お客様のデータ作成によっては、一部変換できない場合がございます。その場合は、フォーラムよりご相談ください。

 


Quadceptでの操作方法
CR5000コンバート方法
CR5000から出力したEDIFファイルをコンバートする方法をご紹介します。
(1) 【ファイル】
→【データコンバート】
→【回路図】
→【CR5000(SD)[EDIF]】をクリック
  保存先を設定するメッセージが表示されるので「OK」を選択します。

 

(2) 保存先フォルダを設定します。
ファイル名を設定します。
右下の「保存」ボタンを選択します。

 

  「ファイルを開く」画面が開きます。
(2) ファイルを選択して、「OK」をクリック
(3)

「コンバートして新規部品を作成する」を選択します。※
右下の「次へ」を選択します。

※手元にある部品を使用したい場合は
 「QDBから使用する部品を選択する」を選択します。

 

  データ容量によって数分かかる場合があります。

 

(4) 内容を確認し、右下の「OK」を選択します。
  完了するとメッセージが表示されるので「OK」をクリック
  コンバートされたプロジェクトを開き確認してください。

回路図上の部品データを保存するには【オブジェクトの抽出】を行って保存してください。

※注意事項※
・この時点ではデータは保存されていません。保存する場合はプロジェクトの保存処理を行ってください。