Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Quadcept : 設計変更転送/新旧データ差分比較

アノテーション(差分転送・差分比較)機能について

Quadceptでは、回路図/PCBデータの設計変更による差分転送はもちろん、新旧データの差分比較も可能です。
Quadceptではデータの履歴を反映するのではなく、あくまでもそのデータ同士の差分を検出して、データを更新させる機能になります。

アノテーションを実行するには、回路図とPCBで “Reference” が一致している、
もしくは “オブジェクトID” が一致していることが必要となります。

対象 内容

「回路図」→「PCB」
⇒フォアードアノテーション

回路図上での設計変更をPCBデータに自動更新できます。

「PCB」→「回路図」
⇒バックアノテーション

PCB上での設計変更を回路図データに自動更新できます。

「回路図」↔「回路図」 「PCB」↔「PCB」
⇒新旧データ差分比較

回路図同士やPCB同士など、新旧データの差分比較ができます。

 

アノテーション前に、以下の事前チェックを行います。エラーがあるとアノテーションを行うことができません。

チェック項目 チェック内容

Reference重複

同じ図面上にReferenceが重複しています。

フットプリントアサイン

部品にフットプリントがアサインされていません。
※フォアードアノテーションの場合
※「機構部品に指定する(ネットリスト対象外)」にチェックが入力されている部品についてはエラー検出の対象外となります。

フットプリントデータ消失

定義しているフットプリントのデータが消失して確認できません。
※フォアードアノテーションの場合

ピン数違い

ピン番号が一致するパッドがみつかりません。
(転送不可:シンボルのピン数がフットプリントのピン数より多く、ネットを持つ場合に検出。)
パッドが見つかりませんでした。
(転送可能:シンボルのピン数がフットプリントのピン数より多く、ネットを持たない場合に検出。)
※フォアードアノテーションの場合

ネット名重複を追加

システムネット名(Sig_*)が重複しています。
※フォアードアノテーションの場合

こちらのエラーが出た時は、サポート(support@4cept.com)までご連絡をお願いします。

 


差分抽出内容について

差分内容をご紹介します。

対象 内容

ネット名変更

異なるネット名に変更された場合、ネット名を変更します。

ネット接続変更

ネットに差分がある場合、ネットの接続を変更します。

ネット接続追加

ネットに差分がある場合、接続を追加します。

ネット接続削除

ネットの差分がある場合、接続を削除します。

オブジェクトID変更

Referenceが同じで部品が変更されている場合、オブジェクトIDを統一し部品を変更します。

部品変更

部品に差分がある場合、部品を変更します。

部品追加

部品が存在しない場合、部品を追加します。

部品削除

部品が不必要な場合、部品を削除します。

参照名変更

部品のオブジェクトIDが同じでReferenceが異なる場合、Referenceの統一をします。

フットプリントを部品に交換

フットプリントが部品に変更されている場合、部品に交換します。

アクティブフットプリント変更

部品内のアクティブプットプリントに差分がある場合、アクティブフットプリントを変更します。

フットプリント追加

フットプリントが存在しない場合、フットプリントを追加します。

フットプリント削除

フットプリントが不必要な場合、フットプリントを削除します。

属性変更/追加

部品内の属性に差分がある場合、変更もしくは、追加します。

属性削除

部品内の属性が不必要な場合、属性を削除します。

スワップID変更

部品内のスワップIDに差分がある場合、スワップIDを統一します。

一点接続変更

一点接続内のネット名に差分がある場合、一点接続を統一します。

一点接続追加

一点接続が存在しない場合、一点接続を追加します。

一点接続削除

一点接続が不必要な場合、一点接続を削除します。

IPCフットプリント追加

IPCフットプリントが存在しない場合、IPCフットプリントを追加します。

IPCフットプリント削除

IPCフットプリントが不必要な場合、IPCフットプリントを削除します。

アノテーション時に部品に関わる情報に変更があった場合は、回路図に配置された部品情報が対象となります。