プリント基板CAD : 配線作業

配線コピー(連続)

配線コピーを繰り返す場合は、コピー(連続)を利用すると便利です。
コピーする対象を選んだあとコピー基準点をクリック、または座標入力して貼り付けることができます。
単一オブジェクトの場合は、コピー基準点を設定で選ぶことができます。

配線コピー(連続)方法
配線コピー(連続)でコピーする方法をご紹介します。
(1) 【編集】
→【コピー(連続)】
を選択

   

プロパティウィンドウで「オブジェクトスナップ」の有効/無効や単一オブジェクト選択時の「コピー基準点」を配線の「選択方法」を設定できます。

(2)

範囲選択でコピーする対象を選択
(複数選択可。CtrlキーやShiftキーで調整できます。)

(3)

基準点をクリック
(座標を入力して指定することもできます。)

座標入力は【編集】→【座標入力】をご利用下さい。

 

 

 

  ※単一オブジェクトコピー時は、プロパティウィンドウ「コピー基準点」で設定した基準点が自動適用されています。

複数オブジェクトと同様に基準点をクリックや座標入力で指定したい場合は、右クリック→【ひとつ戻る】で基準点が指定できます。

(4)

自動的に貼り付けモードになるのでコピー先へ移動します。

※連続コピー中も回転、反転操作を行えます。

※貼り付け時のマウスカーソル位置はステータスバーで確認できます。
 

(5)

クリックで確定

座標入力で確定もできます。

    

※モード中、別のオブジェクトを連続コピーする場合は、右クリック→【次へ】を選択ください。

※モードを抜ける場合は右クリック→【キャンセル】を選択ください。

連続コピーモード中にできる操作

連続コピーモード中にできる操作は以下の通りです。

同一座標の別オブジェクト選択(次へ)
同一座標の別オブジェクト選択(前へ)
反転
上下反転
回転
逆回転
45度回転
1度回転
任意角度回転
個別90度回転
個別任意角度回転
0度に戻す

コピー基準点

単一オブジェクト指定時のコピー基準点をあらかじめ指定しておくことができます。

頂点 ポイント 原点

コピー対象の頂点をコピー原点とします。
クリックした位置に一番近い頂点が選択されます。
頂点がないオブジェクトは原点、中央位置となります。

コピー対象をクリックした位置をコピー原点とします。
グリッドには乗りません。

コピー対象の中心(原点)をコピー原点とします。

複数オブジェクトと同様に基準点をクリックや座標入力で指定したい場合は、貼り付け時に、右クリック→【ひとつ戻る】で基準点が指定できます。

選択方法

配線の選択方法を選ぶことができます。

セグメント ひと繋がり

一つのオブジェクトをコピーします。

ひと繋がりの配線オブジェクトをコピーします。
分岐箇所、ビア、パッドまでがひと繋がりです。