回路図エディタ : 回路図検証(ERC/DRC)

エラーの修正

ERC/DRC結果のエラー修正についてご紹介いたします。

エラー修正を行うために、エラーの該当箇所に画面移動したり、エラーと警告をフィルタで分けて表示したり
エラー結果の内容でソートすることができます。

ERC結果 DRC結果
問題箇所を矢印で表示 問題オブジェクト間隔を表示

 エラー内容はSCHデータに保存されています。エラーリストを表示したまま、データを受け渡すことができます。

 


Quadceptではエラーの修正を行うために、さまざまな便利機能を取り揃えています。

エラーのリスト表示
エラー箇所への画面移動
エラーリストのフィルタ
エラーリストのソート
リスト更新
リストから削除
表示設定
ファイル保存
対応状況
コメント入力
承認者

 

エラーの内容

エラーの内容はERC設定DRC設定を参照してください。

エラーの修正を行うための、さまざまな機能
機能名 機能内容

エラーのリスト表示

ERC/DRCの実行結果を一覧で表示します。

エラー・警告件数の詳細が常に確認できます。
例)エラー:40(未対応:38 承認済み:2)警告:10(未対応:8 承認済み:2) 削除:3

エラー箇所への画面移動

エラーメッセージをクリックすることで、設計図面内のエラー箇所に画面移動しエラー箇所を表示します。

クリックしたエラーマークは赤色で表示されます。

エラーリストのフィルタ

「エラー」「警告」のボタンをON・OFFすることで、対応するエラーリストの表示/非表示が切り替わります

エラーリストのソート

実行結果を各項目でソートすることができます。

リスト更新

表示設定で設定されている表示状態にリストを更新します。
「F5」キーでもリスト更新を行うことができます。

リストから削除

リストから削除されます。
削除した項目でもERC/DRC再実行した場合には再度表示されます。
複数選択や右クリックメニューからも実行可能です。

表示設定

対応状況が「未対応」「承認済み」毎にリストの表示/非表示を切り替えることができます。
「承認済み」項目のリスト項目を非表示にしたい場合に切り替えてください。

ファイル保存

実行結果のリストをCSV形式でファイル出力できます。

対応状況

「未対応」「承認済み」に対応状況を設定できます。
複数選択や右クリックメニューからも実行可能です。
「未対応」から「承認済み」にした場合、承認者欄に自動的に承認者と承認日時が記録されます。

「承認済み」にすると、再度チェックを行った場合に同じ内容のエラーが発生した場合も対応状況を「承認済み」のまま引き継ぎリストに残り続けます。
「承認済み」の場合、承認理由などをコメント欄に入力可能です。
(「承認済み」項目はエラー内容を修正してもリストに残り続けます。リストから消す場合は「リストから削除」するか、
「未対応」に戻してから、再度DRCまたはMRCを行ってください。)

コメント

対応状況を「承認済み」にした場合、承認済みにした理由などをコメントとして記入できます。
再度、チェックを行った場合に同じ内容のエラーがあれば、「承認済み」のままコメントも引き継いで表示されます。

承認者

対応状況を「承認済み」にした場合、自動的に承認者と承認日時が記録されます。

 


リストが灰色で表示された場合は?

対応状況が「承認済み」の項目でエラーが解消されている場合は灰色で表示されます。

承認されているのでリスト上は残っていますが、エラーは既に解消されています。
エラーを消す場合は、リストから削除するか、対応状況を「未対応」に戻してから、再度DRCまたはMRCを行って下さい。


右クリックメニュー

エラー結果を簡単に編集できる右クリックメニューを用意しています。

リストはCtrlキーやShiftキーで複数選択ができます。

メニュー名 内容

未対応に変更

選択したリスト項目の対応状況を「未対応」に変更します。

承認済みに変更

選択したリスト項目の対応状況を「承認済み」に変更します。

削除

選択したリスト項目を削除します。

すべて削除

すべてのリスト項目を削除します。