Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

回路図エディタ : 回路図設計の流れと構成

回路図エディタ(Circuit Designer)

電子回路の図面を作成・編集するためのアプリケーションです。
回路図で使用している部品リスト(BOM)の作成や、回路図の接続情報(ネットリスト)の出力、その他にも、回路図を短納期で正確に作成するために便利な機能をたくさん用意しています。

回路図エディタ(Circuit Designer)の豊富な機能を是非、お使いください。

<機能紹介>

自動結線+束結線
2つのピンをクリックするだけで、障害物(部品等)を回避して、自動で結線できます。
また、束結線にて一括で複数の結線を行うこともできます

 

移動時の結線接続保持
部品やピンを移動する時、接続済みの結線が絶対切れないように、自動で結線を補間して滑らかな結線を保ちます。

 

デバイスブロック
過去に作成した実績のある回路図をブロック化して保存することができます。
新規に設計する際に実績のある回路ブロックをプロジェクト間で使用し、流用設計が可能です。

 

ネット/ピン情報表示
選択したオブジェクトに接続するネットの接続情報(ネット/Referenece/ピン番号/ピン名/電気特性/備考)をリアルタイムに一覧で表示して確認することができます。

 

PCB設計指示/転送
回路設計者が意図する各種設計指示内容をデータ内に入力しておくことができます。

 

share(共有部品ライブラリ)
部品を用意しなくてもQuadceptが管理するクラウドサーバー保管されている「部品」を使用してすぐに回路図を作成できます。

 

部品検索
部品ファイル名や属性、お気に入りなど詳細な条件を設定して部品を検索することができるので、たくさんある部品の中から目的の部品をすばやく見つけることができます。

 

Pinリスト/属性の編集
Pinの名称/属性など部品の情報を、テキストエディタやExcelからコピー&ペーストで簡単に貼り付けることができます。
データシートの内容をすぐに貼り付けることができ、便利です。

 

一点接続(一点アース)
異なる2つのGNDを1点でまとめる「一点接続機能」により、PCB設計時のDRC対象外となります。
これまでの目視チェックがなくなり、配線作業の時間短縮が可能です。

 

ERC・DRC
ピンtoピン電気特性チェックなどの電子設計図面として、接続に問題がないかを確認する電気的なルールチェックや、 
文字の重なりや、部品の参照名が離れていないかなど、回路図として見やすさをチェックするレイアウトチェックができます。

 

リアルタイム部品点数・コスト計算
設計中、常に部品点数・ピン数・コスト(価格)合計が確認できます。

 

データコンバート
他社CAD回路図面、及び部品データを読み込むことで、データ資産を活用することが可能です。
(CR5000 SD、OrCAD、Protel、Altium)

 

多彩なネットリストフォーマット
さまざまな種類のネットリストに対応しています。
また、NET CHANGERにて、ネットリストの変換や比較照合が行えます。