Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Quadcept : 環境設定

ストローク

使用頻度の高い作業アイコンを設定できるストロークコマンドは、
マウス中央のボタンを押すと表示されるQuadceptオリジナルの便利な機能です。

回路図、PCB、シンボル、フットプリントなど各設計画面上でマウスの中央ボタンを押すだけで
カーソルの周囲にメニューが表示され、カーソルをほとんど移動することなく頻度の高いメニューを
実行することができるので、リボンやツールバーなどにカーソルを移動する必要がありません。

ストロークに表示されるメニューは任意にカスタマイズすることができ、「Control」キーや「Shift」キーを押下しながら、
マウスの中央ボタンをクリックするなどで、各ドキュメントに最大32(8×4)種類のメニューを登録することができます。

設計作業中に設定を行えば瞬時にアイコンが表示されますので、簡単に作業アイコンの選択ができます。

マウスカーソルの周囲にメニューが表示され、カーソルの軌跡でメニューを選択できます。

※動画を別ウィンドウ大画面設定で見たい方は(http://www.youtube.com/embed/UnpT7iTMc_0?rel=0)


マウスにスクロールボタンがない場合には、キーボードからも操作できます。
インストール時の初期設定では、テンキー「5」にショートカットキーが割り当てられています。

テンキーでストロークメニューを実行する方法
(1) テンキーの「5」を押下すると画面にストロークメニューが表示されます。

     

(2) 次にテンキーの「8」キーを押下すると、ストロークの上部のメニューが実行できます。
     
  8分割、4分割ストローク表示時のメニューは、それぞれ右記のようにテンキーで実行できます。
     

 


ここではストロークメニューの下記の項目をご紹介します。

・ストローク設定画面説明
・ストロークメニューの使用方法
・ストロークメニューカスタマイズ方法

ストローク設定画面説明

ストローク画面


■ドキュメント

項目名 内容

図面枠

図面枠の作成、編集画面で表示されるストロークキーの登録を行います。

ピン/電源/ポート

ピン、電源、ポートの作成、編集画面で表示されるストロークキーの登録を行います。

シンボル

シンボルの作成、編集画面で表示されるストロークキーの登録を行います。

回路図

回路図シートの作成、編集画面で表示されるストロークキーの登録を行います。

デバイスブロック

デバイスブロックの作成、編集画面で表示されるストロークキーの登録を行います。

フットプリント

フットプリントの作成、編集画面で表示されるストロークキーの登録を行います。

PCB

PCBシートの作成、編集画面で表示されるストロークキーの登録を行います。

パネル

パネルシートの作成、編集画面で表示されるストロークキーの登録を行います。

3D

3Dの表示画面で表示されるストロークキーの登録を行います。


■ストローク

タブ名 内容

標準

マウスのスクロールキーを押下した時に表示されるストロークメニューです。

Control

キーボードのControlキーを押しながら、マウスのスクロールキーを押下した時に表示されるストロークメニューです。

Shift

キーボードのShiftキーを押しながら、マウスのスクロールキーを押下した時に表示されるストロークメニューです。

Alt

キーボードのAltキーを押しながら、マウスのスクロールキーを押下した時に表示されるストロークメニューです。



■設定

項目名 内容

コマンド数

登録できるコマンドの分割数(4分割または8分割)を設定できます。

フィルタ

プルダウンリストからカテゴリを選択することでカテゴリ毎に絞込みが可能です。
また、特定の文字を入力することでも絞込みができます。
完全一致での検索となり、ワイルドカードを使用しての検索が行えます。

※ワイルドカードは「任意の文字」を意味する特殊文字であり、
「*」が任意の長さの任意の文字を、「?」が任意の1文字を意味します。
例えば、「*回転」と入力すると、「回転」「45度回転」「逆回転」など
「回転」の前方に任意文字を含むメニューが抽出されます。

 


ストロークメニュー使用方法
ストロークメニューはドキュメントを開いているときにアクティブドキュメントの上でマウス中央のボタンを押すことで表示されます。
(1) ドキュメントを開く
(2) ドキュメント上でマウス中央ボタンをクリック
(3) 実行したいメニューの方へカーソルを持っていく
※ここでは「配線」メニューを選択しています。
  配線モードになり、配線を引き出すことができます。

 


ストロークメニューカスタマイズ方法
ストロークメニューのカスタマイズ方法をご紹介します。
(1) 【各種設定】
→【メニューカスタマイズ】
→「ストローク」タブ
を選択
(2) ストロークメニューをカスタマイズしたいドキュメントを選択
(3) 右側のメニューを選択し、左側のストロークアイコンに重ねるようにドラッグ