Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Quadcept : 部品について

部品について

Quadceptの部品は、部品の形状についての情報や内部的な属性についての情報が定義、登録されています。
部品は、シンボル(回路図部品形状)やフットプリント(PCB部品形状)をあらかじめ用意しリンク登録できます。

リンク登録によってシンボルやフットプリントの形状を修正した場合に、登録されている部品がすべて一括で変更されるので、形状を変更する度に何度も登録する必要がありません。

部品とは

部品  = Reference + 属性情報 + ピン情報 + 回路図形状(シンボル) + PCB形状(フットプリント)

で構成され、部品を作成することにより回路とPCBの連携や部品の管理が容易になります。


部品概要説明

 

 


Quadceptの部品ファイル


回路図上でシンボルを直接配置することもできますが、シンボルは部品が確定していない場合の仮置き用のオブジェクトになります。
フットプリントを登録することができないため、PCBと連携した設計を行う場合は、シンボルを部品に変換するか、部品を配置してください。シンボルを直接配置した場合であっても、ネットリストを出力することはできます。

PCB上でフットプリントやIPCフットプリントを直接配置することもできますが、回路図情報を登録することができないため、回路図と連携した設計を行う場合はフットプリントを部品に交換するか、部品を配置してください。
フットプリントを直接配置した場合であっても、ガーバー出力やODB++出力することはできます。

部品の作成方法は部品の作成方法をご覧ください。

シンボルグループについて

シンボルグループとは部品のシンボル形状を複数登録できる機能です。
ゲートのないシンボルと、ゲート分けしたシンボルを登録しておくこともでき、リレーやフォトカプラなど複数のシンボルグループを登録することができます。
図面に合わせてどのシンボルを採用するかを都度、選択することができます。