Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Quadcept : 画面構成

オブジェクトウィンドウ

プロジェクト内にある全オブジェクトの一覧を確認、操作することができるウインドウです。
項目をクリックした時とダブルクリックした時の挙動を設定でき、検図の際にオブジェクトをハイライトしたり、部品をReference順に連続配置するなどの操作を行うことができます。

※初期設定では画面の右上側にドッキングしています。

オブジェクトウィンドウアイコン  
<こんなことができます>
・アクティブドキュメント(プロジェクト)のリアルタイムオブジェクト情報取得
例)プロジェクト内にある「部品の一覧」や「ネット接続情報」などが確認できます

・選択オブジェクトへの動作設定(選択、パン、ハイライト、移動など)
部品 ピン フットプリント

 


オブジェクトウィンドウの詳細

種類

各ドキュメントによって、表示されるオブジェクトが異なります。それぞれのドキュメントで表示されるオブジェクトをご紹介します。

回路図ドキュメント
項目 内容

部品

配置部品の情報を表示します。
部品の「Reference更新の対象外にする」「機構部品に指定する(ネットリスト対象外)」「非実装部品に指定する」なども確認できます。
部品化していないシンボルの場合は、ComponentFileNameに[sym]が先頭に表示されます。

ピン

ピンの接続情報を確認できます。
「接続ピンのみ表示する」にチェックが入っている場合は、接続先のない「シングルピンネット」を除いたピンの接続情報を確認できます。

電源

使用電源の一覧を表示します。

ポート

使用ポートの一覧を表示します。

ラベル

使用ラベルの一覧を表示します。

メモ

配置しているメモの一覧を表示します。メモの「タイトル」と「Text」が確認できます。

一点接続

使用している一点接続一覧を表示します。

 


PCBドキュメント
項目 内容

フットプリント

配置部品の情報を表示します。
部品の「Reference更新の対象外にする」「ネットリストに反映」「非実装部品に指定」などの他、「配置層」「角度」「パッド数」なども確認できます。
部品化していないフットプリントの場合は、ComponentFileNameに[FP]が先頭に表示されます。

パッド

使用しているパッドの一覧を表示します。

ビア

使用しているビアの一覧を表示します。

一点接続

使用している一点接続一覧を表示します。

ネット

使用しているネットの一覧を表示します。
「ネット名」と属する「ネットクラス」が確認できます。

 

シンボルドキュメント
項目 内容

ピン

使用しているピンの一覧を表示します。

 

フットプリントドキュメント/IPCフットプリントドキュメント
項目 内容

パッド

使用しているパッドの一覧を表示します。

 

フィルタ

プルダウンリストから表示項目を選択し、リスト右横のボックスに検索したい文字を入力することで絞込みが可能です。
完全一致での検索となり、ワイルドカードを使用しての検索が行えます。

※ワイルドカードは「任意の文字」を意味する特殊文字であり、「*」は任意の長さの文字を、「?」は任意の1文字を意味します。例えば、Referenceでフィルタを行う際、「C*」と入力すると「C1」や「CN1」など、C以降に任意の文字を含むReferenceが抽出されます。

表示オブジェクト数/総オブジェクト数

リスト右下にリストの「表示オブジェクト数/総オブジェクト数」が表示されます。
フィルタをかけたことで絞り込まれた対象を全体との対比で数値として表しています。


動作の設定
クリック、ダブルクリック時の動作
項目 内容

なし

動作しません。

選択

オブジェクトを選択状態にします。
プロパティと組み合わせることで、一括変更が可能です。

ハイライト

オブジェクトをハイライトします。
検図を行う場合に便利です。

パン

オブジェクトをパン(選択され、画面中央に表示)します。
位置の確認、属性の確認に便利です。

移動

オブジェクトを移動状態にします。
Referenceから部品を移動する場合に便利です。

連続移動

オブジェクトを上から順に移動状態にします。
部品を連続で配置する場合などに便利です。

 


オブジェクトウィンドウ上での各種操作 

オブジェクトウィンドウ上で可能な各種操作をご紹介します。

アクティブドキュメント(プロジェクト)のリアルタイムオブジェクト情報取得
プロジェクト内にある「部品の一覧」や「ネット接続情報」などの各種情報が確認できます。
(1) 種類を選択
(2) テーブルヘッダ右横のから表示項目を選択
  チェックの入っている項目が表示されます。
プロジェクト内のオブジェクト情報を確認できます。
項目のテーブルヘッダをクリックするとソートできます。

 


オブジェクトへの動作設定(例:パン)
選択した部品へ画面をパンさせたい場合の操作をご紹介します。
(1) ダブルクリック時の動作として「パン」を選択
(2) 「C4」をダブルクリック
「C4」の部品の位置へと画面が遷移します。