Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

NET CHANGER

NET CHANGERについて

NET CHANGERは無償でネットリストの変換や比較・照合が行えるサービスです。

※NET CHANGERを行うには無料のアカウント登録が必要です。

機能 内容

ネットリスト変換

お持ちの電子CADのネットリストを他社のCADフォーマットのネットリストに変換ができます。

ネットリスト照合

回路図設計同士やPCB設計同士の変更前と変更後や、元回路図とPCB設計からのネットリストを照合ができます。
比較オプションを多く用意しているため、ご希望の照合結果が確認できます。

Quadceptでは、PCBシートの接続情報は「配線」を元にしたものではなく「ネット接続(ラッツ)」を元に接続情報としてネットリストを出力しております。

Quadceptでの動作として、PCBシートでも【ネット追加】や【ネット削除】ができますので回路図設計から読み込んだネットリストの内容をPCB設計で変更ができますので、回路図同士・PCB同士の新旧差分比較以外にも、PCB設計において元の回路図設計からネットリストが変更されていないかを確認する目的で「ネットリスト照合」をご活用ください。

※Quadcpetでは接続情報(ネットリスト)に則ってPCBの配線作業が行われますので「配線が間違っている」という状況は【DRC】でのチェックとなります。
 「ネットリスト照合」は回路図とPCBにおいて接続情報(ネットリスト)に差分がないかをチェックする役割となっております。

マニュアル記号の説明

フォーマットの説明で使用している記号について、ご紹介します。

表記 内容

部品名を示しています。

参照名、Referenceを示しています。

Value、定格・定数など、部品のパラメータを示しています。

ネット名を示しています。

ピン番号を示しています。

半角スペース文字を示しています。

フォーマットとして必要ですが、NET CHANGERでは処理しない項目を示しています。

各種フォーマットはこちらから確認ください。

※注意※
・容量が大きいネットリストデータ(1MB以上)は処理ができないことがあります。