Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : DRC/MRC設定

動的ベタ接続

「動的ベタ接続」の項目では、動的ベタ作図時の接続幅、サーマル接続数、クリアランスをネット毎に設定することができます。各設定は、後からパッド毎に変更することも可能です。動的ベタを使用することによりベタ編集の手戻りを最小限にすることが可能になります。動的ベタ実行時には浮ベタ削除機能も用意しております。

DRC/MRC設定画面の開き方はDRC/MRC設定についてを参照してください。


動的ベタ接続設定例

設定方法

設定には「アサイン」「詳細設定」の2つのタブがあります。
実際の設定は「詳細設定」タブで行い、ネットクラスに対する設定の割り当ては「アサイン」タブで行います。

作業手順について

STEP1:「ネットクラス」タブでネットクラスを作成
STEP2:「詳細設定」タブで設定を行う
STEP3:「アサイン」タブでネットクラスに設定を割り当てる。

各設定タブを下記に紹介します。

各設定タブの紹介
タブ名 内容

アサイン

「ネットクラス」で設定したネットに、どの「設定」を適用するかを割り当てることができます。

例えばネットクラス「電源ネットクラス(GND,VCC)」を作り、設定「電源ネット用の設定」を割り当てることができます。
ネット毎に設定を分ける必要がない場合は、「DefaultClass」にすべてのネットが適用されるので、
「DefaultSetting」を割り当ててください。
※「DefaultClass」はネットクラスで個別に割り当てられていないネットすべてになります。

詳細設定

実際の設定を行います。
設定は複数定義しておくことができます。

 

詳細設定

設定の追加方法は設定の追加方法を参照ください。

接続設定

接続形状を適用するオブジェクトには「SMD」「Through」「ビア」の3種類あります。

項目 内容

SMD

Chipパッド(ドリルなしパッド)に対し接続設定を行えます。

Through

Dipパッドに対し接続設定を行えます。

ビア

ビアに対し接続設定を行えます。

 

接続設定は形状毎に行うことが可能です。

正方形 長円 長方形 カスタム

  


接続方法は以下の3種類があります。

サーマル ベタ 接続なし
 放熱性を向上させるために、切込みを入れた形状   クリアランスなしで接続する形状     クリアランスを保つ形状   

 

「サーマル」の設定
項目 内容

接続数

サーマルスポークの数を設定します。

接続角度

「90度」「45度」から選択することによりサーマルスポークの位置を変更できます。

90度 45度

接続幅(A)

サーマルスポークの幅を設定します。

ギャップ(B)

パッドランドからベタまでのクリアランス幅(ギャップ)を設定します。

 

「接続なし」の設定
項目 内容

クリアランス

パッドかランドからベタまでのクリアランス幅を設定します。

 

層の設定

詳しくは層の設定を参照下さい。

 

アサインの設定

詳しくはアサインの設定を参照してください。