Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : 各種出力(CAM、ドリル、部品座標など)

PCB印刷

作成したPCBを印刷する操作をご紹介いたします。

バッチ出力は印刷だけでなく、ガーバー出力、ドリル出力などをまとめて行うことができます。

項目 内容

表示状態で印刷

現在の表示状態で印刷します。

PCB印刷

PCB印刷設定で登録している印刷層設定で印刷を行います。

バッチ出力

バッチ出力とはPCBの仕上げ作業であるガーバー、NCドリル、NCドリル表、部品座標出力、部品表の出力などをまとめて処理する機能のことです。
設定は保存できるため、一度バッチ出力の設定をしておくとPCBのリリース時にワンクリックで行えるようになります。
また印刷設定でPDF印刷を選択するとPDF出力をすることもできます。

 


印刷画面詳細

項目 内容

プリンタ

出力対象のプリンタを設定します。
PDFで印刷したい場合はPDF Writer(Cute PDFやPrimo PDFなど)を選択ください。
Tiffで印刷したい場合は、Tiff Writer(TiffWriter など)を選択ください。

プリンタ詳細設定

選択しているプリンタの詳細設定を行います。

印刷枚数

印刷枚数を指定します。プロジェクト印刷の場合は、全体の印刷部数となります。

用紙サイズ

印刷する用紙サイズを設定します。

用紙サイズに合わせて印刷する

自動的に用紙サイズに合うように倍率を調整します。

指定倍率で印刷する

指定した倍率で印刷を行います。

オフセット

左側に余白を開けたい時など、全体の図面位置にオフセットを設けることができます。
「センタリング」にチェックを入れた場合、オフセットを参照せずすべてのオブジェクトを含む範囲を中心に印刷します。

左右反転

チェックを入れることで左右反転して印刷を行います。

印刷方向

印刷の方向を「縦」「横」から選択できます。

カラー

印刷時の色を「カラー」「グレースケール」「モノクロ」の3種類から選択できます。

カラー グレースケール モノクロ

 

輪郭モードで出力する

「輪郭モードで出力する」にチェックを入れると輪郭表示で出力できます。また、パッドとドリルの表示状態を変更することも可能です。
「パッドを表示する」 : チェックを付けるとパッドを表示します。
「ドリルを表示する」 : チェックを付けるとドリルを表示します。

通常モード 輪郭モード

 

タイトルを表示する

チェックを入れると「印刷対象」の「名称」をタイトルとして表示します。
テキストのフォントやサイズ、色を指定できます。

ピン番号を表示する

チェックを入れると部品のパッドの中心にピン番号を表示します。
テキストのフォントやサイズ、色を指定できます。

部品番号を表示する

チェックを入れると部品の中心に部品番号を表示します。
テキストのフォントやサイズ、色を指定できます。

印刷対象

シートの印刷対象を確認できます。
右側にチェックが入っているシートが印刷対象となります。
クリックすることで、プレビュー画面が切り替わります。

表示状態で印刷する

現在の設計作業領域で表示している表示状態での印刷します。

 


表示状態で印刷
現在、設計作業領域で表示している回路図を印刷します。
表示されている回路図の印刷は下記作業となります。
(1) 【ファイル】
→【印刷】
を選択

⇒印刷ダイアログが開きます。
(2) 印刷設定を行う
※詳細は印刷画面詳細を参照してください。
(3) 「表示状態で印刷」にチェックを入れる
(4) 【印刷】をクリック

 


PCB印刷
PCB印刷設定で登録されている層の組み合わせにて印刷を行う方法をご紹介します。
(1) 【ファイル】
→【印刷】
を選択

⇒印刷ダイアログが開きます。
(2) 印刷設定を行う
※詳細は印刷画面詳細を参照してください。
(3) 印刷を行う対象を設定

「印刷対象」右側のチェックボックスにチェックを入力することで印刷の対象とすることが可能です。

※「印刷対象」をクリック選択すると、プレビューで確認できます。
(4) 【印刷】をクリック