Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : PCB検証(DRC/MRC)

DRC/MRC実行

PCB設計の必須の工程の1つでもあるレイアウトのチェックDRCと製造のチェックであるMRCを実行します。
設計したものがルールに合っているかを検証した結果をエラーリストに表示し、容易にエラー箇所を確認し修正することができます。

チェックする項目の設定はDRC/MRC設定を参照してください。

DRC/MRCのチェック項目は下記のとおりです。

DRC/MRC実行方法

各項目に対し、エラータイプの設定が行えます。DRC/MRC設定を参照してください。

実行には3種類の方法があります。

種類 内容

DRC実行

DRCのチェックを行います。結果はDRC結果ウィンドウに表示されます。

MRC実行

MRCのチェックを行います。結果はMRC結果ウィンドウに表示されます。

DRC/MRC実行

DRCとMRCのチェックを行います。実行結果はそれぞれDRC結果ウィンドウMRC結果ウィンドウに表示されます。

 


DRC実行

DRC実行は下記作業となります。

方法1:メニューから実行する方法
方法2:ショートカットキー「Ctrl+D」で実行する方法

DRC実行
メニューから実行する方法をご紹介します。
(1) 【プロジェクト】
→【DRC/MRC】
→【DRC実行】
を選択
  ※もしくはキーボードの「Ctrl+D」を押下
(2) 「実行」クリック
  エラー結果ダイアログが表示されます。
(3) 「OK」をクリック
  エラーが一覧で表示されます。

エラー、警告があると表示された場合、DRC結果ウィンドウにエラー、警告一覧が表示されます。
エラー内容を元に設計図面の修正を行います。エラー修正についての詳細はエラーの修正を参照してください。

 


MRC実行

DRC実行は下記作業となります。

方法1:メニューから実行する方法
方法2:ショートカットキー「Ctrl+M」で実行する方法

MRC実行
メニューから実行する方法をご紹介します。
(1) 【プロジェクト】
→【DRC/MRC】
→【MRC実行】
を選択
  ※もしくはキーボードの「Ctrl+M」を押下
(2) 「実行」クリック
  エラー結果ダイアログが表示されます。
(3) 「OK」をクリック
  エラーが一覧で表示されます。

エラー、警告があると表示された場合、MRC結果ウィンドウにエラー、警告一覧が表示されます。
エラー内容を元に設計図面の修正を行います。エラー修正についての詳細はエラーの修正を参照してください。

 


DRC/MRC実行

DRC/MRC実行は下記作業となります。

方法1:メニューから実行する方法
方法2:ショートカットキー「Shift+Ctrl+D」で実行する方法

DRC/MRC実行
メニューから実行する方法をご紹介します。
(1) 【プロジェクト】
→【DRC/MRC】
→【DRC/MRC実行】
を選択
  ※もしくはキーボードの「Shift+Ctrl+D」を押下
(2) 「実行」クリック
  エラー結果ダイアログが表示されます。
(3) 「OK」をクリック
  エラーが一覧で表示されます。

エラー、警告があると表示された場合、それぞれDRC結果ウィンドウMRC結果ウィンドウにエラー、警告一覧が表示されます。
エラー内容を元に設計図面の修正を行います。エラー修正についての詳細はエラーの修正を参照してください。

エラー上限数について

エラー件数が多い場合、DRC/MRCの実行に時間がかかってしまう場合があります。
上限を設定することで、効率的にエラーの確認作業を行うことができます。

エラー上限数を超えている可能性がある場合、下記のメッセージが表示されます。

「警告」や「承認済み」は上限数から除外してカウントします。

表示画面内のみクリアランスの確認を行う

現在表示している表示層のエリアのみ、クリアランスチェック対象となります。
一部分だけ確認したい場合など、チェックをいれて実行してください。